医院ブログ

インプラント治療のメリット・デメリットを解説

2021年6月15日 (火)

カテゴリー : , ,

昨今、「インプラント」という名前を耳にすることが増えてきたかと思います。とくに、何らかの理由で歯を失った方にとっては、関心の高い治療法のひとつとなっていることでしょう。ただ、インプラントという治療名は聞いたことはあっても、具体的な治療方法や施術に伴うメリット・デメリット、その他の治療法との違いなどは詳しく知らないことかと思います。今回はそんなインプラント治療について、わかりやすく解説します。

 

インプラント治療とは?

インプラントは、失った歯を補うための治療法です。顎の骨に主にチタン製の人工歯根を埋め込んで土台とします。その上に被せ物を装着することで、失った歯の見た目や機能を回復できるのです。それなら従来のブリッジや入れ歯で十分なのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。そこでまず、インプラント治療とその他の治療の違いについて説明します。

 

人工歯根の有無による違い

歯を失った際には、ブリッジ・入れ歯・インプラントといった3つの治療法が選択肢として挙げられます。従来はブリッジや入れ歯などを選択する人が多かったのですが、最近ではインプラントの人気が高まっています。なぜなら、インプラントにはその他の治療法にはない「人工歯根」が存在するからです。一見すると、ブリッジや入れ歯も同じような装置に見えるかもしれませんが、インプラントにはフィクスチャーと呼ばれる人工歯根が付随しています。

 

人工歯根があることの利点
(=インプラントのメリット)

人工歯根が存在すると、以下に挙げるような利点がえられます。

MERIT

硬いものでもしっかり噛める

お口の中が健康な人は、お煎餅やピーナッツなどの硬い食べ物でも、気にせずしっかり噛むことができます。これは天然歯の歯根が顎の骨にしっかり根付いているからであり、人工歯根を有するインプラントも同様です。一方、入れ歯やブリッジは、欠損部に人工歯が配置されているものの、歯根に相当する部分には何もないため、硬いものを噛むときにブリッジでは周りの歯に負担がかかり、着脱式の装置である入れ歯に関しては、硬いものを噛むと装置がズレたり、外れたりすることがあり噛みにくさを感じることが多々あります。

MERIT

周りの歯を削る必要がない

人工歯根は、上部構造(じょうぶこうぞう)と呼ばれる人工歯の土台となります。アバットメントと呼ばれる連結装置を介して、セラミック歯を固定できるので、周囲の歯や歯茎を支えとする必要がないのです。そのため、インプラント治療では、ブリッジのように両隣の歯を大きく削ることはしません。また、部分入れ歯のクラスプのように、残った歯を固定源とする必要がないのです。これもまた人工歯根があることの利点のひとつです。

MERIT

残った歯に負担がかからない

ブリッジや入れ歯は、噛んだ時の力を周囲の歯が受け止めることでそしゃく機能を回復できます。欠損部には天然歯にそっくりな人工歯が配置されているものの、歯根が存在しないので噛んだ時の力を受け止めきれないのです。一方、インプラントには人工歯根あり、噛んだ時の力を十分に受け止めることができます。その結果、正常な歯列と同様、咬合圧を全体で均等に負担することが可能となるのです。

MERIT

顎の骨が痩せにくくなる

私たちの身体は、適応能力が非常に高いです。普段から激しいトレーニングをしているアスリートの筋肉・骨格は、とても発達していますよね。逆に、骨折などをして歩くことさえ困難となった人は、足の骨や筋肉が急激に退化していきます。実は、顎の骨でもこれと同じ現象が起こり得るのです。
例えば、失った歯を入れ歯で治療した人の顎骨は、徐々に痩せていきます。入れ歯には人工歯根がなく、噛んだ時の力は周囲の歯で支えるからです。ブリッジにもポンティックと呼ばれる人工歯が配置されていますが、噛んだ時の力は顎の骨にほぼ伝わっていません。そのため、ブリッジでも顎の骨が経年的に痩せていく現象が見られます。その点、噛んだ時の力が人工歯根を介して、顎の骨に伝わるインプラントは、顎骨の退化現象が起こりにくくなっています。顎の骨が痩せないので、いつまでも健康な状態を保つことも難しくありません。

MERIT

見た目が美しい

意外に思われるかもしれませんが、人工歯根があると、装置の見た目を美しく仕上げることが可能となります。それはインプラントが余計なパーツを必要としないからです。そこでまず、インプラントの構造について簡単にご説明します。

インプラントの構造

インプラントは、人工歯根である「フィクスチャー」と人工歯にあたる「上部構造」、それらを連結する「アバットメント」という3つのパーツから構成されています。これらが一体化すると、天然歯とほぼ同じ形態になります。ですから、インプラント治療を行った後は、専門家であっても見分けがつかないことがあるくらいです。

ブリッジ・入れ歯の構造

ブリッジは、人工歯が複数本連なった装置です。固定式ではあるものの、やはり装着時の違和感・異物感は否めません。入れ歯に関しては、義歯床と呼ばれる土台にたくさんの人工歯が並んだ装置であり、金属製のクラスプも付随しています。おそらく、入れ歯を装着していることに気付かない人はいないでしょう。

このように、インプラントはシンプルな構造をとっており、ブリッジ・入れ歯よりも目立ちにくくなっています。補綴治療に審美性を追求する人にとっても、インプラントはメリットの大きい装置なのです。

 

インプラントのデメリット

ここまで、インプラントのメリットを解説してきましたが、デメリットについても詳しく知りたいですよね。インプラントも医療行為である以上、必ずデメリットを伴います。

DEMERIT

保険が適用されない

インプラント治療には、原則として保険が適用されません。自由診療となることから、比較的費用が高くなります。ですから、経済面を最優先に考えるのであれば、保険が適用されるブリッジ、入れ歯の方が適しています。

DEMERIT

外科手術が必要

インプラント治療では、人工歯根を埋入する外科手術が必須となっています。これまで手術を受けた経験がない人にとっては、不安に感じる点かと思います。ただ、インプラントの手術は比較的簡便なものであり、人工歯根の埋入処置自体は1本あたり30分程度で完了しますので、心身への負担もそれほど大きくはありません。術中・術後のお痛みも特別強いかというとそうではなく、歯を抜くときの痛み程度で、痛み止めの薬を必要としない場合もあるくらいです。

DEMERIT

治療期間が比較的長い

人工歯根を埋入した後は、数ヶ月の治癒期間を設ける必要あります。その間、頻繁に通院することはありませんが、全体としての治療期間は比較的長くなります。

 

まとめ

このように、インプラント治療は少し特殊な治療法であり、事前にその内容をきちんと把握しておく必要があります。インプラント治療についてさらに詳しく知りたい方は、いつでも当院までご相談ください。ていねいにカウンセリングいたします。

初診の方専用ネット予約

Google MAPで詳細地図を見る

Copyright© Nagaura Marine Dental Clinic. All Rights Reserved.

歯を治そう 0438-60-8070 初診の方専用ネット予約