インプラント・入れ歯・
ブリッジ

歯を失う原因

歯を失う原因としては事故や転倒などが挙げられますが、70%以上はむし歯と歯周病です。特に歯周病で歯を失う方は全体の40%程度と非常に高く、進行した歯周病の場合、治すことが困難な場合もあります。歯周病は30才で80%の方が罹患していると言われており、若いときからの予防が大切です。

歯を失ったまま放置する
デメリット

失った歯をそのまま放置してしまうと、お口や全身の健康に影響を与える可能性があります。身体や生活に大きく影響を与えるものとして知られているデメリットは、以下のようなことです。

DEMERIT
  • 見た目に影響する
  • 周囲の歯並びが乱れてしまう
  • 食べ物が咬みにくくなくなり、消化器官に影響を及ぼす
  • 会話しにくくなる
  • 咬み合わせのバランスが崩れ、顔の骨・輪郭などに影響を与える
  • 咬み合わせがずれることで、思考能力や集中力が低下する など

「たった1本歯がなくなるくらい大丈夫」と思っていても、身体にとっては大きな変化です。このような影響が現れる前に、失った歯を補う治療を受けるようにしましょう。

歯を失ったときの治療方法

入れ歯・ブリッジ・インプラントなど
人工の歯を取り付ける

歯を失った際は、入れ歯・ブリッジ・インプラントの治療が必要となります。それぞれの治療法には特徴があり、患者様のお口の中の状態や希望に合わせて選ぶことができます。

DENTURE

入れ歯とは

入れ歯とは自分で取り外しのできる装置のことです。入れ歯には保険適用のものと保険適用外のものがあります。

入れ歯のメリット、デメリット

入れ歯のメリットは比較的短期間に作製することができ、手術等の大掛かりな治療が不要なところです。保険適用の素材を選択すれば治療費も安く済みます。

一方、デメリットは、着脱式のため異物感を感じやすいこと、入れ歯が合わないと装着や食事に痛みを伴うこと、清潔さを保つために毎食後の洗浄が必要なことなどが挙げられます。また、部分入れ歯の場合は、固定するために金属のバネを用いるため、目立ちやすくなってしまいます。

BRIDGE

ブリッジとは

ブリッジ(橋)という名前の通り、失った歯の両隣を削って、その歯を支えに橋をかけるように固定式の冠をかぶせる治療法です。
ブリッジにも保険適用のものがあり、入れ歯同様安価に作製できますが、保険適応外のものの方が、より天然歯に近い自然な印象にすることができます。

ブリッジのメリット、
デメリット

ブリッジのメリットは外科治療が不要であるということと、固定式のため入れ歯と比べて食事に支障が出にくいことです。自費診療の素材を使用すれば、天然歯に近い自然な印象に仕上げることも可能です。
一方、デメリットは、ブリッジを装着するために健康な歯を削らなければならないこと、ブリッジ付近のブラッシングが難しく、きちんと磨けていないとむし歯になりやすいこと、適応可能となる欠損歯数に決まりがあることなどです。

IMPLANT

インプラントとは

インプラントとは、外科治療(手術)で顎骨に歯根の代わりとなるボルトを埋め込み、人工の歯を被せる治療のことです。3つの方法の中で最も天然歯に近い審美性、咬み心地を備えています。インプラント治療は1本の歯から受けることができます。

インプラントのメリット、
デメリット

インプラントのメリットは、天然歯に近い審美性と咬み心地です。咬む力も天然歯同様の力が期待でき、長持ちします。また、ほかの健康な歯に負担をかける心配がありません。
一方、インプラントのデメリットは、ボルトを埋め込むのに外科治療(手術)が必要となること、ボルトを入れる部分の顎の骨がある程度必要なこと。その他の方法よりも治療費が高額になることです。

3つの比較表

メリット デメリット
入れ歯 ・保険適用可
・手術不要
・治療期間が短い
・咀嚼(そしゃく)がしにくい
・食後のメンテナンスが必要
ブリッジ ・保険適用可
・手術不要
・入れ歯より使い心地が良い
・健康な歯を削る
・ダミー部分の手入れが難しい
インプラント ・天然歯に近い審美性・咬み心地
・1本から治療を受けられる
・他の歯への影響が少ない
・保険適用外で高額
・外科治療が必要
・定期的な歯科医院でのメンテナンスが必要となる
初診の方専用ネット予約

Google MAPで詳細地図を見る

Copyright© Nagaura Marine Dental Clinic. All Rights Reserved.

歯を治そう 0438-60-8070 初診の方専用ネット予約