医院ブログ

子どもの矯正はいつから始めるべき?小児矯正の内容や注意事項を解説

2021年6月15日 (火)

カテゴリー : , , ,

歯並びの治療は、子どもの頃に始めた方が良い、という話はよく耳にするかと思います。実際、皆さんの身の回りにも小児矯正を受けた経験がある方がいらっしゃることでしょう。けれども、具体的に何歳に始めるべきか、急いで始めた方が良いのはどんなケースかなど、疑問に思う点はたくさんあることかと思います。そこで今回は、子どもの矯正治療の内容や注意事項、治療を開始するのに適した時期などをわかりやすく解説します。

 

そもそも小児矯正とは?

矯正治療は、小児矯正と成人矯正の2つに大きく分けることができます。簡単にいうと、子どもが受けるのが小児矯正で、大人が受けるのが成人矯正ですが、厳密にはもう少しややこしい点があります。というのも、小児矯正は一期治療と二期治療の2つに分けられるからです。そして、一期治療を主に小児矯正と呼び、二期治療は成人矯正に分類されることもあります。

 

一期治療を受ける年齢

小児矯正の一期治療は、6・7歳までに開始するのが一般的です。この年齢は、子どもの歯から大人の歯へ交換する時期であり、歯並びの異常を治す上での適齢期となっています。それ以降では前歯の永久歯が良くない状態のまま動きが止まってしまうことや奥歯がぐらつき始める年齢になってくるため、矯正装置が安定しにくい場合があります。6・7歳で凸凹やズレがある場合、まだ生えてきていない歯も顎の中で方向を変えてきて、悪化していく場合が多いです。手遅れになる前に早めの相談をお勧めいたします。

 

一期治療の目的

小児矯正における一期治療の主な目的は、顎骨の発育を正常に促すことです。例えば、上の顎の幅が狭くて、将来的に乱ぐい歯となりそうなケースでは、拡大床などを用いた矯正治療を実施します。顎の骨が正常な幅まで拡大されるため、永久歯をキレイに並べるためのスペースを確保できます。つまり、小児矯正の一期治療では、歯並びの乱れを細かく整えるような処置は行いません。あくまで、しっかりとした土台を作るための治療なのです。そこで気になるのが二期治療の内容や目的ですよね。

 

二期治療を受ける年齢と目的

二期治療は、12歳くらいから開始するのが一般的です。この頃になると、永久歯が生えそろい、顎の骨の発育もピークを超えています。歯並びの乱れを細かく整えるのに適した時期となります。
矯正用ワイヤーを装着して、歯を1本1本、正しい位置へと移動させる従来の“歯列矯正”は皆さんもイメージしやすい治療法かと思います。現在当院ではマウスピースによる二期治療を行っており、目立たず、綺麗で、衛生的、とても人気のある最新の矯正方法です。

 

歯列矯正は何歳になっても受けられる?

顎の発育を利用しない一般的な「歯列矯正」は、何歳になってからでも受けることができます。実際、歯列矯正は40歳代、50歳代歳で始めるケースも多く、60歳代や70歳代で矯正を始めるケースもあります。顎の骨の発育が完了していれば、条件としてあまり変わりはないので、適齢期というものがなくなります。もちろん、加齢や歯周病などで顎の骨の状態が悪くなると、矯正が行いにくくなるため、若い頃に治療を開始した方が良いのは確かですが、口腔内が健康であれば、何歳になっても問題なく矯正すること可能です。

 

早期治療が必要となる子どもの歯並び

6・7歳までに始めることが適していると述べましたが、状態によっては4歳前後から治療を始めた方が良いケースもあります。それは骨格的な異常に由来する下顎前突(受け口)です。

 

TOPIC

下顎前突とは?

下顎前突とは、一般的に受け口と呼ばれているもので、下の顎や前歯が前方へと飛び出しています。“顎がしゃくれている”と表現されることもあり、顔貌におけるコンプレックスとなりやすい歯並び・かみ合わせの異常です。これが骨格的な問題に由来している場合は、早期治療が必要となることも多いです。

TOPIC

上の顎の成長が遅れている場合は要注意

受け口の原因というのは、必ずしも下の顎が成長しすぎているわけではありません。下の顎の大きさが正常でも、上の顎が小さいと相対的に下顎が前方へと突出しますよね。これを専門的には上顎骨の劣成長(れつせいちょう)」といいます。つまり、受け口というのは、上下の顎のアンバランスによって生じやすい歯並び・かみ合わせの異常なのです。とりわけ、上顎骨の劣成長に由来する受け口は、早期治療の対象となりやすいです。

TOPIC

上顎骨は成長スパートが早い

実は、上下の顎で成長の速度やスパート時期が大きく異なります。上顎骨は頭蓋骨や脳とも近い位置にあり、成長スパートが早い時期にあるのです。そのため、上顎骨の発育に異常が認められる場合は、小児矯正を早い時期に開始しなければ手遅れとなります。上顎骨の劣成長による受け口なら、4歳前後から矯正を開始しても、決して早いということはありません。

 

子どもの矯正相談は早めに行おう

ここまで、子どもの歯並びの治療である小児矯正の適齢期について解説してきましたが、矯正相談はできるだけ早い時期に行うのがベストです。仮にまだ乳歯すら生えそろっていなかったとしても、何らかの異常や気になる点が生じた場合は、一度、かかりつけ歯科医に診てもらった方が良いでしょう。
今現在、どのような問題を抱え、どのような状態かを歯科医院で記録に残しておくことでその後、悪化していくのか?改善していくのか?の客観的な判断が可能になります。また将来的に生じる歯並びの異常なども早期に診断することが可能です。カウンセリングを受けたからといって、すぐに治療を開始するわけではないのでご安心ください。

 

まとめ

このように、小児矯正を始める時期はケースによって大きく異なります。早期治療がとても有効となる場合や時期を逃すと悪化し治りづらい状態になってしまうこともあります。気になることがあればなるべく早めに当院までご相談ください。小児矯正が必要かどうかも含め、アドバイスさせていただきます。

初診の方専用ネット予約

Google MAPで詳細地図を見る

Copyright© Nagaura Marine Dental Clinic. All Rights Reserved.

歯を治そう 0438-60-8070 初診の方専用ネット予約